Menu

残念な男がいた徳島の出会い

0 Comment

どうして?

どういうわけか、それは残念です…

「70年代の大ヒット映画(日本)」

徳島の出会い

徳島で出会いを探す男女が検証 〜話題のサービス&スポット

特集作品は「サンドウェア」「日本沈没」「戦争と人間」「ブリリアントクラン」「ヒューマンレボリューション」「八甲田山」「新幹線」「柳生氏の陰謀」「犬神家の一族」家族。” 「男の証拠」「太陽を盗んだ男」など..。

「砂の器」「犬神家の一族」「太陽を盗んだ男」は他の映画評論家の本にも載っているが、他は…

上記の作品は「Sun …」を除くオールスターキャスト作品です。

オールスターキャストの大ヒット映画なのに言及されていない作品…

なぜだろう…

さて、実際に見ると頑固で脅迫的だと感じます…

ただ、BSなどで放送されると見たくなります。

見た後、「見なくてもいいのかな…」と思わせるいじわるらしい作品…

しかし、現在のオールスターキャストでも、これらの作品の「偽の」深遠な感覚は期待できません…

そのような偽物に欠かせない最も重要な俳優は、写真だけで明石(山口)の役割として「仁義なき戦い」シリーズに登場した故丹波哲郎かもしれません…

「とにかく…」

 

先ほど映画「八甲田山」について書いていた時のことを思い出しました。

最近、ジョン・ウー監督、福山雅治主演の健さん主演の映画「君よ憤門の川クロス」のリメイクのニュースを見ました。徳島の出会い

人口の多い日本では、誇張されていると言われる人気作品ですが、誰も見たことがありません。

しかし、正直なところ、それはあまり興味深い作品ではありません…

日本でのヒットを見越してリメイクになります…

映画「八甲田山」……」徳島の出会い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です