期待して感謝できた徳島の割り切り

流れ落ちる涙に引き寄せられた足元のコンクリートの染みを見つめながら、つらい日々に苦しんでいた当時、頭を下げておくのに苦労徳島の割り切りしていたのではないかと思い、

徳島 〜割り切り出会い掲示板【情報】

 

守る力が足りなかった。期待に応えて会社ちょっと非難してお辞儀をしているのか、なぜずっとお辞儀をしているのかと思ったのですが、全然答えが出ませんでした。

しかし、ようやくゆっくりとエゴを取り戻し、頭を上げたとき、何かに感謝してお辞儀をしていると思いました。

理由はわかりませんが、なぜかそう思ったのは間違いありません。

徳島の割り切りただ、その時の感謝とお辞儀を深く考えても、まったく答えが出ませんでした。

どんなに前向きな日々でも、感謝することは何もありません。

長年の経験を経て、年齢に応じて器用に生きようと思っていたのですが、いきなり感情がコントロールできなくなってしまうのが問題です。

徳島の割り切り何回器用に暮らせるの?

私は削りくずを作るメーカーで働いていました。

メーカーでありながら従業員数が少ないため、販売から組立、施工までを自分たちでやらなければならない大小のメーカーでした。

「ものづくり」に携わりたかったので、知人がアルバイトをしている会社に入社することにしました。徳島の割り切り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です