ひたちなかの出会い掲示板なしではもう眠れません

持っている力が使い果たされるという仕様と、ひたちなかの出会い掲示板は次の世界と同じになるという未来の把握の仕方から、真っ白に燃え尽きる傾向があります。

先生は、窓際に立って外を見ながら、長距離走だと言いました。締め切りの長い仕事なら、ある程度のペース配分(少し前向き)も考えられますが、人生の目標がわからないので、ひたちなかの出会い掲示板かもしれないと思います。

何より、頑張っても平均に達しないので、せめて頑張らなきゃいけない。

力の使い方が間違っていることに気づいても、どうして間違っているのかわかりませんでした。

味わってみると、美味しくないことはわかっていましたが、何をしすぎたのか、何をすればいいのかわかりません。私の食べ物はあまり美味しくないという評判があります。

でもひたちなかの出会い掲示板はそう思います。

水泳、麦茶を飲んだり、お腹にぶら下げたり、畳の上で昼寝をしたりするのにうんざりしていましたが、もう大変です。

私たちは麦茶を作ったり水着を洗ったりする力を保持しなければなりません。

ここでのひたちなかの出会い掲示板はもはや絶対的なものではありません。

当分の間、目標は今ではなく、今夜、または週末です。

頬に畳を敷いてお昼寝したいです。
でも枕なしではもう眠れません。

*

今は何を着ても気に入るとうるさいですが、何かや誰かが好きだと思って言えるようになったのはそれほど昔のことではありません。

歩き始めた赤ちゃんは、歩くのがとても楽しくて楽しいので、歩き回っているような気分になります。

逆さまに行けば一日が逆さまになり、曲を再生できればその曲だけです。

私はそれが好きだと思います、言うのはもっと楽しいです。

それは私が私の人生で学んだ数少ないことの1つです。

また、まあ、私はしぶしぶ大人の分類について考えています。

そこで頑張るのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です